ファーストピアス期間中の学校対策!整容検査もこれで大丈夫!

学校では定期的に髪型や制服の着方など

校則違反がないか検査がありますよね。

そこでは大抵ピアスもチェックされます。

ピアスが見つかってしまうと

開けたばかりでも外さなければいけないかも知れません。

なんとかファーストピアスの期間は

見つからないように過ごしたいですね。

こちらではそんなファーストピアス期間中の

学校対策の方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

整容検査もこれで大丈夫!ファーストピアス期間中の学校対策とは?

ピアス開けた後ばかりの人にとって

整容検査は最大のピンチですよね。

実は学校にバレないこんな方法がありますよ。

1、まずはピアスホールの上に化粧下地かリップクリーム

またはワセリンなどを使ってホールを埋めるように上から塗ります。

リップクリームは少し削ってから穴に埋め込むと

その後のコンシーラーが乗りやすくなります。

2、その上からコンシーラーを少しずつ塗ります。

3、コンシーラーの上からリキッドファンデーションを塗ります。

4、最後にパウダーファンデーションでパタパタと粉を乗せます。

それでもやはり衛生面が気になるという方は

下地の代わりに絆創膏を小さく切って

穴の上に貼り付けましょう。

学校で行われる検査は先生によっては

厳しくチェックされますが

じっくり見られないこともあるので

その場合はなんとかごまかせるかもしれません。

化粧品などを付ける時は

検査が終わったらすぐに洗い流して

ピアスホールをきちんと消毒してくださいね。

学校でピアスが見えにくい髪型は?

普段学校で過ごす時は

なるべくピアスが見えにくい

髪型をしていると安心です。

ロングヘアだとピアスを隠しやすいですが

肩下の長さだと校則で

結ばなくてはいけないという学校が多いですよね。

その場合はボブヘアにすると

耳たぶが隠れてピアスが見えにくくなります。

その場合、うっかり人前で

耳に髪の毛をかけないように注意しましょう。

両サイドを短くカットして髪をたらしたり

耳を覆うような編み込みなどもピアスが隠れて良いですね。

スポンサーリンク

学校のプールの授業はどうする?

普段の校則でピアスが許可されていても

中にはプールの授業だけはピアスが禁止されている

という学校もあります。

衛生面からもファーストピアスを

したままプールで泳ぐのはあまりおすすめできませんが

どうしても外したくない場合は以下の方法を実践しましょう。

・ファンデーションテープ

絆創膏を小さくカットして

ピアスの上から貼るという方法もありますが

絆創膏は泳いでいる時に剥がれてしまう可能性があります。

そこでファンデーションテープがおすすめです。

ファンデーションテープは

タトゥーや傷跡を隠す肌色の専用テープで

こちらは防水性が強い素材でできており

剥がれにくいのでプールでも安心です。

定着力も強く汗によって

内側から剥がれることもありません。

こちらも絆創膏と同様

小さくカットしてピアスホールの上に貼りましょう。

・透明ピアス

透明ピアスだと遠くからは

目立ちにくいですね。

透明ピアスを付ける場合は

ファーストピアスにも使える

専用の樹脂ピアスがあるので

できればそちらを使用しましょう。

そしてプールから上がったら

必ず洗浄や消毒をしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はファーストピアスを外さないまま

学校の検査を乗り切る方法をご紹介しました。

化粧品を使う方法は少し大変ですが

バレてしまうよりは良いと思います。

検査が終わった後に洗浄や消毒など

きちんとケアを行ってくださいね。

そしてできればプールで泳ぐときは

ピアスを外した方がいいでしょう。

ファーストピアスを開ける時期は

計画的に決めることも大切ですね!

また、ファーストピアスに関しての

学校やアルバイトでの疑問はこちらで解決してください!

ピアスがOKなアルバイトや職種って?

期間中の学校対策!整容検査もこれで大丈夫!☚今ここ

隠す方法や絆創膏の貼り方のコツ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク