ピアス好きBLOG「あいぼりー。」

ファーストピアス期間中のアルバイト選び!ピアスがOKな職種って?

せっかくピアスを開けたけれど、バイト先によってはピアスが禁止!なんて仕事も結構ありますよね。

ファーストピアスは一度装着したらホールが安定するまでつけたままにしないといけないので、バイト中だけ外すということができません。

そこで今回は、ファーストピアスの期間中のバイト選び方についてまとめてみました。

目次

ファーストピアス期間中のバイト選び!ピアスがOKな職種って?

学生の場合なかなかバイト先を自由に選ぶことができませんよね。

ピアスをつけたままでもOKな職種はどんなところがあるでしょうか。

・接客業以外

接客の仕事は身だしなみに対して規則が厳しいところが多いので、服装や髪型だけでなくピアスも禁止されていることが多いです。

「お客様と顔を合わせない仕事内容」のバイトを選びましょう。

ただし同じ職場でも接客以外は身だしなみの規則が緩い場合があります。

例えばスーパーでもレジ打ちではなく倉庫担当など、同じ職場でも裏方や事務仕事など、表に出ない場合は容認されることがあるので確認してみてくださいね。

・個人経営のお店

チェーン店や大手の職場だとピアスや髪型に厳しいルールが設けられていることがありますが、個人経営のお店ではマニュアルではなく店長の裁量によって規則が決まっています。

その為、店長に事情を話せばファーストピアスを容認して貰えることがあります。

他にも大手チェーンのコンビニでは、バイトの身だしなみの規則については、お店ごとのオーナーに任されていることがあります。

まずはそのお店で働いている人をチェックしてみても良いかも知れませんね。

飲食店はなぜピアスが禁止なの?

飲食店のほとんどのバイト先でピアスは禁止されています。その理由は何故でしょうか?

・接客業は身だしなみ重視

飲食店では従業員はお店の顔でもあります。身だしなみが悪いとお客様に悪印象を与えかねません。

飲食店は様々な層のお客様に利用されますし、年配の方はピアス文化に慣れておらず不真面目な怖い印象を持ってしまうこともあります。

・異物混入の危険性

ピアスはとても小さなアクセサリーなので、知らないうちに外れて落ちてしまうという可能性があります。

落としたことに気が付かないままピアスが料理の中に混入してしまったら大変ですよね。

異物混入はお店の信用にも関わる重大なことですのでピアスをつけたまま働く場合は、そのリスクについて考えなければいけません。

・衛生面の心配

ピアスは衛生面でも懸念があります。耳たぶに空いた穴はホールが完成しない内は傷ですので、出血や化膿を起こすことがよくあります。

様々な雑菌が繁殖する可能性があり雑食は食中毒の原因にもなります。

バイト先が飲食店の場合は、衛生面に関しては特に気を付けなければいけませんね。

面接でも注意しよう!

バイト募集の欄にピアスOKの記載がない場合は、基本的にピアスはNGだと考えてください。

特に面接ではピアスを装着して行かない方が無難です。

ピアスをつけたまま無事面接に受かったとしても、バイト中は外すように指示されることもあります。

また、他の従業員がピアスをつけていたとしても、みんながOKとは限りません。

その人だけが特別に許可されている、という場合もあるので注意しましょう。

まとめ

ファーストピアスはずっと付けていないといけないので、ピアス禁止のバイト先だと困ってしまいますよね。

学生だとバイト先の選択肢が狭く、ピアスをつけたまま働ける職場を探すのは大変だと思います。

まずはインターネットの求人案内などでピアスOKの条件で検索してみてください。

もしピアスOKの記載がなくても、電話で問い合わせてみても良いでしょう。

また、ファーストピアスに関しての学校やアルバイトでの疑問はこちらで解決してください!

ピアスがOKなアルバイトや職種って?☚今ここ

期間中の学校対策!整容検査もこれで大丈夫!

隠す方法や絆創膏の貼り方のコツ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる