ファーストピアスで血が出ない安全なやり方や外し方のコツ!

ファーストピアスが安定したと思ってピアスを外したら

突然出血してしまい焦ってしまうこともあるかと思います。

ファーストピアスを外す時は

ホールを傷つけないように慎重に行いたいですよね。

ファーストピアスの安全な外し方ややり方対処方法を見てみましょう。

スポンサーリンク

ファーストピアスの安全な外し方!血が出ないやり方

ファーストピアスを安全に外す時は

腕を固定して行う事が大切です。

まず、右腕を胸に密着させて固定します。

次に右手の親指と人差し指で

左耳のスタッドの頭の部分を

しっかりと持ってください。

左手の親指と人差し指で

キャッチを持ち後ろに外します。

力任せに右腕を前方に

引っ張らないように気を付けましょう。

キャッチが外れたら

スタッドの軸をピアスホールと

平行にしながらゆっくりと抜きます。

ピアスホールから出血してしまったらどうする?

もしピアスホールから出血してしまったら

どうすればいいでしょうか?

その対処方法を見ていきましょう!

・無理にピアスを動かさない

外れにくい時に無理矢理力を入れたり

ピアスをねじろうとすると

穴を傷つけたり出血します。

ピアスを開けたばかりの時は

ピアスを動かす必要はありませんので

そのままそっとしておきましょう。

・セカンドピアスに付け替えるのを待つ

1ヶ月以上が経過したとしても

ピアスホールが安定していないと感じたら

セカンドピアスに付け替えるのは控えましょう。

出血してしまうということは

穴が安定していないということでもあります。

安定期に入る前にセカンドピアスに

付け替えてしまうといつまでもホールが完成しないので注意してください。

・清潔に保つ

ピアスホールは傷と同じなので

衛生面でも十分に気を付けないと傷が悪化します。

お風呂でもピアスはつけたままで構いませんが

シャンプーやリンスが付かないように気を付けましょう。

また、髪の毛や整髪剤が

ホールに触れてしまうと

雑菌が入り込むことがある為注意が必要です。

スポンサーリンク

出血したらどうすればいい?

いくら気を付けていても

デリケートなピアスホールからは

ちょっとしたことで出血してしまうことがあります。

出血してしまったらどうすればいいでしょうか?

対処法をご紹介します。

・そのままにする

血が出てしまったら

何とか治療しなくちゃと思いますよね。

しかしピアスホールの場合は

特に何もせず、そのままにした方が

良いこともあります。

ピアスを動かしたり血を拭いたり

やたらといじらないようにしてください。

何度もピアスの着脱を繰り返すと

ホールの完成が遅くなるので

出血した後の1~2週間は

ファーストピアスをつけたまま様子をみてください。

・軟膏を塗る

しばらくは何もしない方が良いですが

出血が止まったら軟膏を使っても良いでしょう。

患部を清潔に保つには、軟膏が効果的です。

中には抗菌作用のある軟膏や

種類によっては痛み止めになるものもあるので

ピアスホールに痛みを感じる場合は試してみてください。

・ホットソークをする

天然塩を溶かしたお湯を用意し

患部に浸すことで代謝を高めることができます。

代謝が高まると皮膚細胞が傷を治そうと働くので

耳たぶの傷も早く良くなります。

ピアスをつけたままで行えますが

ピアスの素材によっては

塩水につけることで

劣化してしまうことがあるので注意してください。

ホットソークは1日だけでなく

何日か続けることでより高い効果が得られます。

・病院に行く

いつまでも出血や傷みが収まらない時は

病院で受診しましょう。

ピアスホールのトラブルは

皮膚科や美容外科

耳鼻科など皮膚を扱う多くの科で

診てもらうことができます。

場所によって料金が全く違うので

受診する前に問い合わせてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

せっかくピアスホールが完成したと思ったのに

ファーストピアスを外す時に

傷つけてしまうのは残念ですよね。

外す時はゆっくりと

無理をしない外し方をしてください。

以上、ファーストピアスの安全な外し方をご紹介しましたので参考にしてくださいね!

また、ピアスの外し方についてはこちらも参考にしてください!

上手にキャッチを外すコツや方法!

外し方で簡単な方法や3つのコツ!

血が出ない安全なやり方や外し方のコツ!☚今ここ

期間を1・2~3週間と早く外した場合

出血し場合の安全な対処方法は?

外すタイミングを見極める5つのポイントとは?

固い時のおすすめのやり方・方法は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク