ピアスの数で男受けも変わる?嫌われないのは何個まで?

あなたは自分らしいスタイルで副業を始めたいと思いませんか?
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。
▼今のお給料以外に月3万円の収入が欲しい。このように考えの方はこちらをお読みください。

ライフワークを活かし副業を始める方法

女性のファッション意識が必ずしも、男性に通じるとは限りません。

夢中でピアスを楽しんでいるうちに、男性から引かれてしまった・・・という経験はありませんか?

個々の価値観の違いで、自分としてはおしゃれだけど、人からは理解できないといった事はよくあります。

特にピアスは、ファッション性よりも、ピアッシング行為自体が男性の中では大きな問題です。

男受けのいいピアスの数は、いくつがいいのでしょうか?

今回は男ウケするピアスの数についてご紹介していきたいと思います。

男ウケするピアスの数は?いくつなら相手に響く?意識の大きなちがいとは?

大満足でピアスを楽しんでいたのに、男性からドン引きされてしまったという経験はありませんか?

最初から控えめなピアスを楽しんでいる方は、経験ないかもしれませんが、複数開けている女性は、意識していないのに男性の気持ちを引かせていることも考えられます。

多くの男性は2~3つ以上は、ピアスとしては「多い」と感じ、ピアスが多いことで連想するイメージは、「痛そう・重そう・病んでそう・過激・不潔」などが挙げられます。

特に最後の不潔と言ったイメージは、オシャレを楽しむ女性からしたら不本意でしょう。

ですが、これが女性と男性の価値観の違いなんですよね。

女性が目立つことを本能で・・・

男性は、基本的に女性が目立つことを本能でいやがります。

女性が目立つことを恥ずかしいとも思うようです。

一番わかりやすい例えが、男性ロック歌手がピアスをつけていることを「かっこいい」と思う反対で、女性歌手が同じだけのピアスをつけていると「女性らしく控えめにしろ」といやがります。

これは男女差別ではなく、価値観の違い、本能によるものです。

近年の意識調査でも、2~3つがベストなようです。

それ以上は、マイナスイメージばかりが目立ちます。

そして1つだけの場合、今度は「ファッション性がない・やる意味あるの?」といった意見も出るようです。

男性はわがままと言えば、わがままですよね。

なんで男性はピアスが多いと引いてしまうの?

男性は痛みに弱いと言う話を聞いたことがありますか?

女性にとってオシャレなピアスも、男性からしたら、ピアッシングという身体に穴を開ける行為が大前提にあるのです。

そもそもピアスに対する着眼点が違うんですね。

そして、多ければ多いほど「痛い行為が好きなのかな」と勘繰り、病んでそう・過激な人と言ったイメージを持つのです。

もちろん男性の全てがそういった人ではありません。

男性か女性かよりも、その人の個性を重要視する人であれば、特にピアスの数は気にならないのです。

ピアスの楽しさと男受けはどっちを取ればいいの?

自分のオシャレは自分の納得いくように楽しみたいものですが、この男受けを無視できない人もいますよね。

男ウケも、プライベート以外にも仕事上では気にしなくてはならない人もいます。

自分の生活を考えた上で、ピアスは控えめで我慢しようというのも、一つの決断ですが、もう少し楽しみたいと言う場合は、ピアスのオンとオフを切り替えられるようにしましょう。

ピアスのオンとオフの切り替え方で見せ方を変えて!

これは男受けに限らずTPOをわきまえたい方にも、非常にオススメする切り替え方です。

これからピアスを開ける方でも、既にピアスが複数開いている方でも実践出来ます。

まず、オフの場合ですが、思う存分ピアスを楽しみましょう。

どこに何をつけるでも、自分の満足する楽しみ方をしてください。

オンの時、気になる男性とデートをするときには?

オンの時、気になる男性とデートをしたり、目上の方と接したり、フォーマルな場に出たりする時は、ピアスを隠すのがベターという場合があります。

ピアスをつけなければ、それでいいのかと思いがちですが、ピアスホールというのは、自分で思っているよりも目立ちます。

完全に仕上がったホールは特にですね。

耳たぶのピアスホールは2つ程度ならそのままで大丈夫ですが、基本的には社交の場は大ぶりのイヤリング、デートの時は大きめや線の細いループタイプをつけることでカバー出来ます。

軟骨のピアスホールは、耳たぶほど目立ちません。

内側に隠れていることがほとんどなので、ピアスを外すだけで大丈夫です。

それでも気になる場合は、アイペンシルでほくろのようにぼかしたり、メイク用のベースクリームをちょこんとつけるだけでOKです。

衛生面が気になる時にはテーピング用のテープを

衛生面が気になる時にはテーピング用のテープを小さめに貼ってからにしましょう。

テーピングを耳を覆うように張り付けるのは、逆に主張を強めてしまうので、やめましょう。

ピアスは、確かに穴を開ける行為であり、数の分だけ男性の気持ちを引かせてしまいますが、我慢の分だけストレスもたまります。

ピアスもメイクもファッションもダイエットも女性の魅力を引き出すものは、いつだって男性の意見はシビアです。

我慢をしないで、オンとオフを切り替えながら楽しめると、それもまたあなたの魅力の一つになりますよ!

さいごに

男ウケするピアスの数は少ないほうが無難!というピアスを沢山開けてオシャレを楽しみたい女性には少し悲しいものです。

多くの男性は2~3つ以上は、ピアスとしては「多い」と感じています。

あまりたくさんつけていると、過激な人と言ったイメージを持つ男性も多いです。

こうした考えの裏には「女性と男性の意識の違い」という事があり、この溝は埋まることはないでしょう。

しかし、男目線ばかり気のしていてはファッションは楽しめません!

男性はこうした傾向が高い。という事は気にかけながらオシャレを楽しみましょう。