ピアスを一度に複数あけるのはOK・NG?どっち?

ピアスをあけるにあたって一度に何個まで一気にあけていいのか悩みますよね。

両耳とも一気にあけてしまっていいのか?どの部分だったら複数あけていいのか?

複数一度にあけるのを避けたほうがいい部分はあるのか等々・・・

たくさん疑問に思いますよね?

今回はそんなピアスを一度に複数開けても大丈夫なのか、ということについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ピアスを一度に複数あけるのはお勧めできない!!

どの部位にあけるかによって話は変わってきますが、ピアスホールはあけたらホールが安定するまでの間は毎日ケアが必要です。

そのため複数個所一度にピアスをあけてしまうとケアする箇所がたくさんあるため、ピアスホールひとつひとつへのケアが行き届かなくなりやすくなり、ピアストラブルが起きやすくなる危険があります。

また、同時にピアスを複数あけることは可能ではあるようですが、ピアスホールの位置が近いと腫れが起きやすくなったり、炎症を起こしやすくなったりとピアストラブルを起こすリスクがあるようです。

左右のイヤーロブに1つずつあけるのは大丈夫!

イヤーロブにあける際に片方の耳にあけてピアスホールが安定するのを待ってから、反対側のイヤーロブをあける、なんてしていたらちょっと時間がかかりすぎてしまいますよね。

イヤーロブに、同時に片耳1つずつあける程度であればそこまで心配しなくても大丈夫なようです。

ピアスをあけたい部位を清潔にしてピアスをあけるようにしましょう。

ただし複数あけたい場合は先にあけたピアスホールが安定するのを待ってからあけるか、あける場所を離れた位置にしたほうがトラブルが少なくてよいようです。

私も初めてのピアスは両耳のイヤーロブに1つずつあけました。

それから3か月ほどしてあけたピアスホールが安定してから右耳のイヤーロブに新しくもう1つピアスをあけるようにしました。

そうすることでピアストラブル予防としてのケアがしっかりできたと思いますし、ピアスはトラブルが起きやすいので1つずつ慎重にあけていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

軟骨ピアスを複数あけたい場合は注意が必要!

軟骨ピアスをあけたい場合は、片耳ずつあけていくことをおすすめします。

特に、横向きで眠る癖がある人には一度に複数あけるのはおすすめできません。

軟骨ピアスはイヤーロブに比べて痛みや腫れが強く、また安定するための期間が長いです。

そのため横向きで寝る癖のある人は、枕に軟骨ピアスを押し付けてしまいピアスホールに刺激を加えてしまいピアストラブルが起こる危険が高いです。

両耳一度にあけて寝返りをうったときにあまりの痛みに一度に複数あけたことを後悔するなんてことも少なくないようです。

また、軟骨ピアスは骨折している状態と一緒なので片耳ずつでも一度にたくさんあけすぎるのはピアストラブルの原因になります。

ピアスホールが安定するまでの期間も長く両耳に一度にあけてしまうと寝返りが打てない、仰向けでしか眠れないなんてことになりかねないので気をつけましょう。

軟骨ピアスはピアストラブルを起こしやすいため慎重にあけるようにしましょう。

ピアスを一度にあけた場合はケアを怠らないようにしよう!

ピアスはあけたら必ずケアが必要ですが、一度に複数あけた場合はひとつひとつのピアスホールのケアがおろそかにならないようにより丁寧にケアをするように心がけましょう。

ピアスホールは体にとってはけがをした状態なのでそれが複数個所となればその分炎症や化膿などのトラブルも起こりやすいことを意識しておきましょう。

まとめ

基本的にはピアスを一度に複数あけるのはピアストラブルのリスクが上がるためおすすめはできないようです。

特に軟骨にあけたい場合は片耳ずつあけるようにするなどの注意が必要です。

自分の理想の部分にピアスをつけるためにも慎重にピアスはあけていったほうがトラブルも少なく済むはずですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク