ピアスを真ん中につける時のかわいい見せ方は?

あなたは自分らしいスタイルで副業を始めたいと思いませんか?
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。
▼今のお給料以外に月3万円の収入が欲しい。このように考えの方はこちらをお読みください。

ライフワークを活かし副業を始める方法

ピアスをあける時に流行りの位置や安定の位置を聞かれると、大抵返ってくる答えは「耳たぶの真ん中より少し下」ですよね。

自分で真ん中は避けようと思っても思ったより真ん中にあいてしまったとか、それでも真ん中を敢えて狙いたいとか、結果的に真ん中につけることもあります。

では実際、ピアスを真ん中につけると、かわいく見えないのでしょうか?

今回はピアスを真ん中につける時のかわいい見せ方を詳しくご紹介していきたいと思います。

ピアスは真ん中でも十分かわいい

ピアスは大体この辺がいい、と言われる位置はその時代のオシャレ事情でも結構左右されます。

真ん中のピアスは今の流行りではありませんが「真ん中に開けて当然でしょ!」と言う時代ももちろんありました。

なので、真ん中にピアスを開けることは失敗ではありませんし、真ん中にあいてしまったからかわいくないなんてことは絶対ありません。

時代の流行を意識しすぎる場合は、真ん中にあいたピアスというのは、望んで開けた場合を除くとなかなか馴染めません。

それでもかわいく見える見せ方はあります。

それはどんな見せ方なのでしょうか?

可愛く見せるには点と点を線でつなぐイメージにする!

これは複数個のピアスをつけること前提になってしまいますが、問題視するピアスを基点として、星座のようにピアスを線で繋げるイメージで位置づけるのです。

一見バランスのとれていないつけかたでも、ピアスの色合いやデザインの配置次第では、すごくオシャレに見えます。

他にも縦に二つ並べる、トライアングルを作るなど、色んなデザイン性があります。

私も縦に二つ並べたり、ジグザグを意識したりと試したことはありますが、自分の納得いくピアスと配置で、ピアスの楽しみ方をどんどん見つけることが出来ました。

ただし縦に二つ並べる場合、上に位置するピアスホールに重いピアスをつけるのはやめましょう。

重力で皮膚が下がり、下の穴と繋がってしまい結果的に拡張したも同然になってしまいます。

一つのピアスで耳たぶの真ん中はおしゃれになる?

複数個のピアスに抵抗があり、ピアスは1つだけでいいという方も、もちろん真ん中のピアスホールを有効に活用できます。

解決する問題として、まずピアスの選び方にあります。

ピアスホールが完成するまでには約3か月かかりますが、ピアッシングした時のピアスはすぐに付け替えるのであれば二週間もすれば外すことができます。

もっと厳密に言うと腫れが引いたタイミングで消毒もかねて他のピアスに付け替える事は可能です。

腫れが引かないとピアスを抜いても次に入れるピアスは通りにくいので気を付けてくださいね。

傷口を化膿させる原因にもなります。

さて、ピアスをシングルで楽しみたい場合ですが、ピアスは均等なデザインよりも、縦長、もしくは台形の様な下に広がるデザインのピアスがオススメです。

丸いピアスを楽しみたい場合は大きめよりも小さめを選びましょう。

大きめを選んでしまうと、全体のバランスとして、上にひきつったように見えて、今度は真ん中に開けたはずなのに、真ん中よりも上にあけたように見えてしまい、不格好に見えてしまいます。

それでも納得いかない場合はいったん隠す

いろんな方法を試してみたけどやっぱり気に入らない場合は、除去と言うことになりますが、慌てて外すことはありません。

ピアスは傷口ですから気に入らないからといって、すぐに外して別の場所にピアスホールを作ったとしても、化膿するばかりですし、それでは納得いくまで耳は傷だらけになってしまいます。

もしもどうすればいいかわからないと悩んだ時には、一旦腫れの引いたタイミングでクリアピアスにつけかえましょう。

テープで隠すのもいいです。

気になっている時に、何回見ても、気持ちは変わりません。

しばらく真ん中に開けたピアスを見ないようにします。

時間を置いて改めてみた時に「意外と悪くない」なんてこともありますから。。

ピアスを開ける上で大事なのは位置もそうですが、どんなピアスがあるのか探すきっかけも出来ることです。

今はピアスの種類も豊富ですから、真ん中を失敗と決めつけずに、たくさんのピアスと出会えるといいですね。

さいごに

真ん中のピアス位置は見せ方次第で十分可愛く見せることができます。

それはデザインだったり、ついているストーンによっても印象も大きく変わります。

「少し真ん中に開いてしまってどうしよう?」と悩むこともあるかと思いますが、そんな時はアクセサリーショップに行って店員さんに相談するのもいいと思います。

おしゃれは後付けです。

今あるあなたの魅力を活かすためには?そう考えるとどんな位置であってもかわいく見せるこてゃできるはずですよ。