【今さら聞けない!】ピアスの位置によって違う名前を詳しくご紹介!

あなたは自分らしいスタイルで副業を始めたいと思いませんか?
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。
▼今のお給料以外に月3万円の収入が欲しい。このように考えの方はこちらをお読みください。

ライフワークを活かし副業を始める方法

一口にピアスと言っても、つける位置によってちゃんと名前が決まっています。

ファッションピアスの場合は、耳に限定される事が多いですが、ボディピアスであれば、耳だけでも色んな位置につける事が可能ですが、意外と位置の名前を友達に聞けない!なんてこともあるかと思います。

今回はピアスの位置の名前について詳しくご紹介していきますので役立ててくださいね!

耳やボディピアスの位置の名前

初めてピアスを開ける人や、ピアスはシンプルに楽しみたいと言う人は、耳たぶに開ける事が多いと思います。

耳たぶの事をイヤーロブと呼びます。

皮膚が伸縮する部位なので、ピアスホールの拡張もしやすい場所で、実際面積もある場所なので、複数つける場合も気軽にホールを作りやすい場所でもあります。

拡張をする場合は、ニードルが必要になってきますが、先に言った通り伸縮性のある場所なので、ピアスのゲージを少しずつ大きくしていくことで、自然にホールを拡げていくことも出来ます。

少しずつ人気の出始めたヘリックスという名前:軟骨ピアス

最近では、イヤーロブだけではななく軟骨にホールを作る人も増えています。

軟骨にピアスと言うと、少し前までは過激に思われていましたが、今ではオシャレの場所の一つです。

ヘリックスと呼ばれる位置は、軟骨の中でももっとも柔らかい位置で、耳の外側なので、実際ピアスをつけた時にも存在感が大きく出ます。

耳に髪をかけた時にさりげなくアピール出来ますよね。

また髪と同じ系統の色のピアスをグラデーション式に並べると、一気にアート感も出ますよ!

他にも、イヤーロブと同様にバーベルタイプ以外にも、リングピアスやチェーンピアスも楽しめます。

さりげないおしゃれの出来る小さな軟骨の位置:トラガス

耳の穴よりも前にある、小さな軟骨位置をトラガスと呼びます。

ヘリックス同様、最近日本でも人気の出ている位置なんですよね。

トラガスは一見目立たなさそうですが、顔をしっかり出した時にとても注目を浴びます。

また、トラガスも柔らかい場所なので、もしセルフで開けたい場合、きちんと位置を決める事が出来れば簡単に開ける事が出来る場所でもあります。

トラガスの場合は耳の内側に突起が出てしまう事になるので、普通のバーベルタイプなどをつけると、イヤホンなどをする際に邪魔になります。

片方が平面になっているラブレットピアスや、リングタイプのピアスをオススメします。

ど真ん中の位置で主張したいなら:インナーコンク

インナーコンクと言う位置は、ぱっと見た時に耳のど真ん中になります。

軟骨の厚みがある部分なので、セルフで開けるよりは病院でお願いした方が痛みも、感染のリスクも少ないでしょう。

軟骨の中でも面積がある位置なので、大きいピアスにしたり、リングピアスにしたりする事で印象も大きく変えられます。

大きいピアスやジュエルタイプのピアスをつけると、一気に存在感と華やかさがアップしますね。

なお、インナーコンクにピアスをつける場合は、耳の裏側にピアスが突き出している事を忘れない様にしましょう。

うっかりとひっかけてしまう事もあります。

ピアスの位置と名前をしっかり把握すれば楽しみ方も倍増!

他にも耳の軟骨部分だけで、ヘリックスやロック、ダイスなどともっとピアスを楽しむ位置はあります。

イヤーロブだけでは満足できない、他の位置も楽しみたいと思ったら、まずはどの辺にピアスをつけたいか、鏡で見て位置を決めましょう。

少し位置がずれるだけで、名前も変わりますし、その位置に向いているのはどんなピアスかなどと、細かい情報を調べる事が出来ます。

位置の名前を自分で把握しておくと、病院でホールを作ってもらう時もスムーズに事が運べるでしょう。

ただし、ピアスホールが出来上がるまでには、どんなに早くても3か月以上の時間がかかりますし、その間はピアスを外せないので、日頃の生活で支障がないかどうかもしっかり考えて、お気に入りの位置を見つけてみましょう。