40代でも楽しめるピアスの位置さがし!一番素敵に見えるのはどこ?

今やピアスは若者だけの楽しみとは限りません。

40代や50代の女性もオシャレの一環として楽しむ方も多いのではないでしょうか?

しかし、なんとなく「ピアス=若い人のもの」と思って遠慮してしまいがちではあると思います。

今回は40代でも十分に楽しめるピアスの位置をご紹介いたしますので一番いい位置を見つけていきましょう。

スポンサーリンク

40代がつけるピアスの位置ってどこが正解?

今現在40代を迎える方は「親からもらった身体に穴を開けるなんて」と言われて来た方が多いのではないでしょうか?

実際そう思って過ごして来た方も少なくはないと思います。

だからこそピアスは一生もののオシャレとも言えます。

何個もつけてファッション性を重視するより、1つのピアスで落ち着いたオシャレをしたいと意識しているかと思います。

そんな場合、落ち着きを見せたい時はやはり耳たぶの中心から少し外側が一番の安定した位置であると考えられます。

40代ともなれば人の目を気にする方もいますよね。

あまり派手な事をしていると、肩身が狭いと言う気持ちも出て来ます。

ピアス自体それほど奇抜なものを選ばない限りは、耳たぶが下に引っ張られたり、ちぎれたりと言うこともないので、耳の輪郭から5mmが目安になります。

耳からこぼれそうな真珠のイメージが落ち着いていてオシャレな印象を与える!

すこし前の女性芸能人の方がつけていた真珠の耳飾りのキャッチコピーは「耳からこぼれそうな真珠のよう」と言うものでした。

オシャレも意識しつつ、どことなくアートを感じる言葉ですね。

このイメージはとてもわかりやすいものだと思いますし、プライベート以外でもきちんとした場所に出ていく機会もある女性は、その場に見合ったピアスを選んでいます。

一番わかりやすい例で言うと、式典や冠婚葬祭ですが、その時につけるピアスは大体パールや控えめな石が多いでしょう。

そういったピアスをつける時に、耳からこぼれそうな位置だと落ち着いたイメージも女性的なイメージも、しっかり感じられます。

それでもわかりづらい時は、ためしに一度イヤリングをつけてみましょう。

イヤリングの定まった位置が、ピアスをつけても失敗しない場所だと考えると、イメージも湧きやすいはずです。

スポンサーリンク

人のピアスと比べない自分だけのおしゃれを!

人の目を気にしていると、無意識に人と比べてしまいがちになります。

ピアスも同様ですね。

これは年齢に関わらず、まずは人のピアスを参考にしてみようと身近な人やテレビの芸能人のピアスを観察してしまうこともあると思います。

もちろん参考にするのは大事なことです。

ですが参考ではなく、比べてしまうと言うことになると、逆に悩んでしまい、結局どこに開けたらいいんだろうと余計に位置が定まらなくなってしまいます。

もしも人のピアスはどこに開いているのかと、参考にしたくなった時には、テレビや動いている人ではなく、写真や止まっている人の耳をさりげなく見る程度にしましょう。

ピアスの位置は角度も大事になってきますので、正面から見るのがベストです。

見つめ過ぎると全体のバランスではなく、ピアス一点に焦点も定まりがちになるので、あくまでもさりげなく見る程度にしておきましょう。

さいごに

思い切りオシャレを楽しめる若者と違って、経験を重ねある程度落ち着いた頃合いになってくると、自分のやりたいことだけとはいかなくなってきますよね。

多少の我慢はつきものになってしまいますが、それでもオシャレは十分に楽しめます。

悩みに悩んで開けたピアスの位置は、その先もずっと楽しめる位置になります。

実際、昔は何個も開けていたけど、そろそろ年齢を考えてピアスの数を減らそうかとした時に、最終的に残るのはファーストピアスの位置が多いそうです。

なので自分が思い切って開けたピアスホールは自信を持って、楽しんでください。

ピアスは何歳になっても楽しめるものであることを、実感できるといいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク