ピアスホールの完成は最短でどのくらい?完成までの実際の流れを解説!

ピアッシングも無事に済んで、いつになったらピアスホールは完成するのかなと楽しみになりますよね。

出来ることなら、すぐにでもいろんなピアスをつけてみたいと言う人も多いはずです。

ですが、完成には時間がかかり、開けて2、3日で完成と言うわけにもいかないんですよね。

今回はピアスホールを安全に完成させる最短の目安をご紹介します。

スポンサーリンク

ピアスホールが完成する最短期間は?

ピアスホールが完成するまでには、最低でも一か月はかかります。

さらに安定するまでは、3か月ほどの期間が一般的です。

個人差もありますが、一週間などで完成することはありません。

時々、誤解されてしまいますが、ピアスがすんなり動き、化膿も出血もないからピアスホールも完成したと思い込んでしまうことがあります。

ピアスがすんなり動いても、ピアスホールの完成とは言えません。

誤解したままピアスのつけかえをしてしまうと、一気に化膿する原因となってしまいます。

ピアスホール完成の基本的な流れ

ピアッシングをして、ピアスホールと言う名の傷が出来ます。

傷が出来たら、まずは細胞が治そうとする力を働かせます。

その間に、腫れたり分泌液が出たりするのですが、この症状が大体1週間ほどで落ち着きます。

それまでは基本的にはピアスに触らないことが鉄則ですが、ピアスホールの周りが落ち着いてきたら、ピアスが動くかどうかを確かめ、洗浄などをしてケアしていきます。

清潔感を保って一か月ほどで、やっと傷口の断面に表皮が出来始めるのです。

表皮が出来て、本当に薄い膜が表皮として形成されるまでに、大体1~2か月の時間がかかります。

ここでやっと、ピアスホールが安定した状態で完成するわけです。

ピアスのつけかえは、このタイミングが一番望ましいです。

ピアスホールは自分の望み通りの期間で完成はしません。

これだけの期間がかかって当たり前と言うつもりで、ピアッシングをしましょう。

スポンサーリンク

ピアスホールが完成しなくてもピアスをつけかえたい場合は?

ピアスを開けても、ファーストピアスのような目立つピアスをいつまでもつけていられないという人もいますよね。

とにかく目立たないピアスでないと、日頃つけていられない人もいます。

そういった人は透明ピアスを利用すると思いますが、3か月待てないでつけかえたい人は、ピアッシングをしたその日に透明ピアスにつけかえましょう。

出血や分泌液が出てしまうのは覚悟のことで、つけかえてください。

ピアッシングをしてから時間を置くと、皮膚が再生しようとして、耳の表面も内部も収縮運動を起こしています。

ここでピアスを付け替えると、間違いなく傷付けてしまいます。

ピアッシング用のファーストピアスは、殆どが16ゲージと言う、ボディピアスにも使われる太さです。

ピアッシングをしてすぐなら、透明ピアスは問題なく入ります。

このタイミングを逃すと1か月は付け替えにリスクを伴うので、気を付けましょう。

ちなみにピアッシングしたての耳は熱も痛みも持っています。

付け替えが怖いかもしれませんが、迷ってしまうとちくちくと傷口を刺激してしまうので、思い切って一回で付け替えるようにした方がいいですね。

透明ピアスではなく、アレルギー対策のピアスも同じです。

すぐにつけかえたい時は、ピアッシングをしてからなるべく早めにしましょう。

そしてそこからは、触らないように、時間をかけて、ピアスホールの完成を目指してください。

ピアスホールが完成したと思ってピアスを外してしまったら・・・

基本的にピアスホールの完成の目安は、痛みや熱がない、血や分泌液が出ない、ピアスが動く、ピアスホールがくぼんでいる、この四点が絶対条件です。

ピアスホールがくぼんでいるのは、表皮が出来上がっている証拠なので、必ず確認してください。

しかし、焦るあまりに確認しないでピアスを外してしまった、実はまだ完成していなかったというケースもあります。

慌ててピアスを付け治す前に、耳の状態を見てください。

この時に皮膚がカサカサしたり、白い皮が浮いているという時はアレルギー反応を越している証拠なので、一度お手入れをして、外してしまったピアスではなく、抗菌のピアスか透明ピアスをゆっくり押し込むようにしてつけてください。

入れたり引いたりという事を繰り返すと、半端なホールを刺してしまうので、ゆっくりでも、一度で押し込み入れてください。

さいごに

ピアスホールは意図的には完成しません。

時間がかかることは最初から覚悟します。

焦りは禁物ということですね。

そうすれば、きちんと綺麗なピアスホールが、安定して完成します。つい先走る気持ちをなんとかこらえて、頑張ってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク