軟骨ピアスを社会人はつけていていい?つけてOK・NGな職種は?

耳たぶのピアスと軟骨ピアスってちょっと印象が違いますよね。

学生のときはオシャレのひとつとしてつけていたけど働くにあたって職場ではどんな印象をあたえるんだろうか気になるところです。

そもそもピアスって職場に着けていってもいいのかな?なんて疑問に思ったりしますから。

今回は軟骨ピアスは仕事につけていけるのか?OK・NGな職種についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

社会人は軟骨など、耳たぶ以外の場所のピアスはしないほうが無難!

会社に勤めてお給料をもらう立場の社会人として許容されるのは、せいぜい耳たぶまでの場合が多いようです。

軟骨ピアスはオシャレな感じがしますが人によっては不快に感じる人もいるので、着用して仕事をするのはやめておきましょう。

学生気分がぬけていないように思われビジネスに不利に働くこともあるということです。

自分の親以上の年齢の人は社会でもまれてきた大人。ですからね。。

また、不適切なピアスをしているから嫌われるということはあり得る事実と考えておくほうが良いでしょう。

ピアスがOKな職業・NGな職業

<男性の場合>

職場のドレスコードが、ビジネススーツやビジネスカジュアルの場合はピアスはしていくべきではありません。

ジーンズやスニーカが許されている職場だとしてもピアスはしないほうがいいでしょう。

では男性の場合にピアスOKの職業とはどんな職業でしょうか?

例として若い人をターゲットにしているアパレルショップの店員さんや美容師、メイクアップアーティストなどの美容系の人や、バーやクラブなどの接客業の人などはOKという場合が多いで、オシャレや自己主張が仕事の一部である職業と、職人などの対人関係の少ない職業の人になります。

また、大まかな目安として服装規定がない職業や髪型が自由であることなどが見極めのポイントになるかと思います。

スポンサーリンク

<女性の場合>

女性の場合ですが、男性に比べて女性はピアスの許容範囲は多いといえるでしょう。

男性でOKの職業にくわえて、職場によって事務職員などもOKな場合もあります。

逆にNGな職種としては看護師や医師などのの医療系や、食品生産加工など衛生管理が重要な仕事ではピアスがNGのことが多いでしょう。

また、営業職の場合は訪問先にいくときは、営業相手がピアスについてどういう考えを持っているのかわからないのでピアスは外しておいたほうが無難ですね。

社会人のピアスは男性は特殊な職業に限られ、女性は品格を忘れないこと。

ピアスは職場の環境や職業にあわせて仕事中は外すかまたは華美なものはさけるようにしましょう。

女性も男性も大きいピアスは避け、シンプルなデザインのピアスをつけることをおすすめします。

また、軟骨ピアスは特に仕事中は外すようにしましょう。

とはいってもピアスは楽しみたいですから、お休みの日や遊びに行くときには自分のつけたいピアスをつけてオシャレをたくさんしましょう。

オンとオフをわきまえてオシャレを楽しむのも社会人としてのたしなみですね。

スポンサーリンク

まとめ

軟骨ピアスは社会人としてつけていていいのかどうか、結論として仕事中は耳たぶ以外のピアスは外していたほうがいいと思います。

ピアス自体を禁止している職場も多いので自分の働いている職場の環境を考えてピアスは着用するようにしましょう。

社会人としてマナーを守り、他の人に不快感を与えないでオシャレを楽しみたいですね。

他の人に不快感を与えないピアスを着用する、それもまたひとつのおしゃれだと思いませんか?

またお休みの日にはお気に入りの軟骨ピアスをつけてオシャレをして出かけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク